« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006/09/28

清掃奉仕

近くの神社の例祭に出席する機会を頂きました。その神社は1000年以上の歴史を歩んでおり地域にもしっかり根ざしている様で、参列者を見ると代々の総代や氏子はもちろん、地域企業の若い社員の姿も見ることが出来ました。また総代代表の挨拶で「こんな不安な事件が起きる今、大切なのはこの様な地域の神社の祭事などを通した家族つくりだ」と仰ったことは同感しました。私の参加している団体も一月一回境内清掃奉仕をさせて頂いています。夫婦や子供など沢山の人たちのご縁によりもう32年も続いているようです。私は途中から参加させて頂いていますが、早朝、四季折々の境内の森を眺めながらの清掃はなかなか有意義です。自然から四季を感じ(色・香・音など)、落ち葉を箒で掃くという見るからに単純な行為からおおらかな気持ちが刺激され、大げさに言えば非日常的な体験によりとても心地よい気持ちが残ります。仕事や社会で養う思考だけでなく、遊び自然との触れ合いで養う思考も大切と思います。ちょうど振り子が触れる様に。両方力いっぱい触れることが調和かもしれませんね。地域のこんな素晴らしい神社とのご縁に”arigato(^_^)”です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/19

幽霊にならないように!?

青山俊薫師の講演を聞く機会がありました。幾つか心に響いた言葉を紹介します。

・人生は生涯本番です。最後ほど本番です。最後ほど仕上げです。60歳ぐらいまでは”生”を見て、それ以降は”老病死”をみて人生を深めて生きる。

・「言う」と「する」の違い。音楽の楽譜が読めなくて感動出来なかったが、生演奏を聞いて感動した。前者の楽譜を読むが「言う」(理屈、学問)で、後者の生演奏を聞くが「する」(実行、体験)。人も同じでいのちといのちがぶつかりあった時感動する。

・幽霊にならない様に。過ぎたことをぐずぐず(ああすれば良かった・・など)思っていないか?(幽霊の髪は後ろになびいている)。未来をあれこれ(こうなったらどうしよう・・など)妄想していないか?展望は良い(幽霊は手を下に垂らしている)。今、ここで出会っている事・人に気持ちを入れているか?ふらふらしていないか?(幽霊には足が無い)。

以上、とりもなおさず私自身に思い当たるふしがあるので心に響いたのしょう!?でも気付いて意識して前向きに努力出来るので”arigato(^_^)”です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/09/07

9月だぞ~

9月に入りました。先般、大変お世話になった方の偲ぶ会がありました。本当にデッカイ器の人でした。普段からグチュグチュ小言は言わないし、私なんかが何か心配事をぼやくと”大丈夫ダヨ”が口癖の様でした。参加した皆さんが共通して偲ばれていたのは「本当に一人一人を見守ってくれていた心温かい人だったナァ~」でした。皆さんの心を後姿でつかんでいたのだと思います。私もその方の思いと対話しながら特に9月から11月は良い緊張感で生活したいと思っています。”arigato(^_^)”で・・・

次期総裁が話題なっています。政策論争で関心を示さねばならないキーワードは「憲法」と「教育」そして「文化・文明」、「人材活性」「社会保障」でしょうか?特に最近の出来事を見聞きしていると、日本の歩み方に何かシャン!と一本筋の通ってない様に思います。つまり、日本&日本人としてバックボーンの見えない状態で、旧態からの垢が出たり、人間の悪い本能のままの出来事が目立ったりして右往左往している感じです。そろそろ周りの出来事に振り回されず、各界の人および我々一人一人が日本は日本人はそして私はこれからこうならねば、こう生きたいと”バックボーンを創る本質的な対話”をつめなければならないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »