« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/28

豊かさへの言動

市や県で地方政治に取組んでいらっしゃる人達と会話できる場面を体験してきました。私自身、政治と言うと全く違う世界で、ましてやそれを仕事としている人などは人種が違い過ぎて、会話など通じるはずはないと言う先入観がありましたので最初は戸惑いました。しかし家族、年金、健康、職業など自分の生活を話題に会話をしている内、政治というのはとても身近で人間が生きていく上で不可欠な「現実の豊かさ」を追求し具現化していくものだと思いました。その人達も情熱を持って一生懸命でした。我々も特別な目で見るのではなく、自分達の目線で意見をどんどん言う事が大切だと思いました。ちなみに、もうひとつ人間が生きていく上で不可欠なのは「心の豊かさ」だと思います。豊かさを言い換えれば「平和」ということになります。確かに現実社会は”便利”にはなってきていますが、”豊かさ”を感じている人は少ないのではと思います。私も自分として出来る”豊かさへの行動”は何か?を考えながら歩みたいと思いました。ここまでに経験した成功や失敗から得た知識や人生観など自分自身の個性を見つめたり、それを他へ使わせてもらったりすることは出来そうです。もう少し”与えてあげる”方に言動を向けられればと思います。

そうそう、前回”心根(しんこん)は猿猴(おんこう)の如く”というタイトルでしたが、なにやら訳ありと気にされた方へ簡単に解説させていただきます。これは「人間の心はお猿さんがちょこまかと動き回る様に、コロコロと変わりやすいもの」という意味ですが、とらえ方としては、「つまりそう自覚することにより、現実に振り回され自分勝手になりそうになったら、一呼吸いれて、素直な自分を取り戻しましょう」とでもなるのでしょうか?Hi今日もブログ更新が出来て”arigato(^_^)”ございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/07/25

心根は猿猴の如く

毎日、目の前の出来事に一生懸命対応している中でも、どこかに「自分の思いと違うなぁ~」と言う自己中心の気持ちが起きているものです。こんな気持ちが起きると、”こうすべきだのに・・・””これでいいのか・・・”と思考が空転して気落ちしてしまうことはありませんか?これは、自己中心になっている状態での思考は、空転するので、無理矢理思考を整理しようとしても”妄想”になってしまいがちだからです。Hi!こんな時は、今目の前にある、やらねばならない事、やれる事を大切にして行動を始めると気持ちは開けてくるものです。そうです素直になって今やれることに体を動かしてみる(例えば誰かに会いにいく。相談する。買い物にいく。散歩にいく。書き出してみる・・・)と次にやることが見えてきます。特に人と仲良くしたり、人の役にたつことをしたり、学習知識の収集などは最適だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/14

お盆の季節

やぁ~すっかりご無沙汰してしまいました。まぁノンビリマイペースです。と言っても、今までボ~ッとしていたわけではありません。国会議員さんの政界講演を聞いたり、地元の祭りに参加したりボランテア活動の資料作成をしたりで、悩みは尽きませんが、お陰様で日々生き生きと生活させていただいております。本当に皆様とのご縁のお蔭と感じております。”arigato(^_^)”です。

さて、お盆の季節になりました。地域により新旧あるようですが、ずう~っと昔から伝えられた行事だと思いますので1年に一度だけでも、ご先祖様に感謝の気持ちを表す事が大切と思います。今ここにいる自分は家族そして友達や知人のご縁に支えられていますが、もう一つのご縁は?そうです、自分の両親そしてそのまた両親というご先祖様のご縁が無いと存在出来ません。ご先祖様への感謝の気持ちを表すとは、何でも良いと思います。その場であるいは、近所の社寺などで、心で念じても良いと思います。ましてや、家族で出来るととても良いと思います。

知人から「父母恩重経」http://www2t.biglobe.ne.jp/~BokerTov/budda/index.htmlというお経文を教えて頂きました。口語体で書いてありますし、いきなり読んでも親と子の関係を表現しながら親の恩の深さを感じ取ることが出来ます。子の立場、親の立場どちらからも感動をさせてくれます。”arigato(^_^)”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »